ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
雑学

ピエゾグラフの絵は本物? 偽物?

ピエゾグラフの絵は本物? 偽物?

ピエゾグラフという言葉をご存知でしょうか。

これはよく絵の展示会などで目にする機会が多いかもしれません。

ピエゾグラフとは、原画をデジタル化してコンピュータに取り込み(スキャン)、インクで印刷する手法の一つで、微妙な中間色や質感も表現でき、現在の技術ではもっとも本物に近い複製品(レプリカ)がつくれると言われています。

ピエゾグラフという名称はエプソン社の商標登録なので、エプソンのインクジェットプリンタを使用する場合に用い、キャノンでは「イメージプログラフ」と呼びます。

オフセット印刷やリトグラフなどでは再現できにくかった中間色の色彩、筆のタッチ、絵肌の質感などの再現には、特に威力を発揮します。 再現に際しては、紙の質感にも細心の注意を払い、一枚一枚のプリントに、技術者が責任をもってサインをしています。現状の技術でももっとも原画に近いものです。

出典 : いわさきちひろ作品普及会

所蔵している美術館が、劣化を防ぐ意味などから、本物の絵を展示する代わりにピエゾグラフによって複製した作品を展示していることもあります。

また、たとえばいわさきちひろさんの絵には、原画が残っておらず、絵本などの印刷物としてしか残っていない作品も多いので、原画の色合いを推測しながら、ピエゾグラフを使ってなるべく忠実に印刷した複製品を展示している、というケースも見られます。

実際にピエゾグラフの絵が多く(一部が本物)飾られた絵画展に行った知人の感想によれば、とても精巧で本物と違いがわからなかった、と驚いていました。

入館料も安く気軽に行ける料金だったようで、複製品であることで普段は展示ができないような有名画家の作品が、地方など採算の難しい場所でも展示が可能になる、というメリットもあるかもしれません。

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。


おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 


おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。


バリューコマース 公式サイト

 

基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。



その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト