ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
JINの設定方法

JINでプライバシーポリシーの設定方法

JINでプライバシーポリシーの設定方法

グーグルアドセンスの審査で、アドセンス合格にはプライバシーポリシーが必要だというのは、最近よく言われるようになってきました。

プライバシーポリシーとは、ブログでグーグアドセンスやアフィリエイトを利用するために、サイト訪問者の一定の情報は収集し、このように利用しています、といったことの断りを入れるものです。

プライバシーポリシーをどれくらい細かく書き込むか、というのは、その業種にも寄ります(個人情報を多く扱う企業や仕事ではそのぶん詳細に書き込む必要があるでしょう)が、ブログで収益を得る場合、最低限、アドセンスやアフィリエイトに関することと、アクセス解析ツールに関することがあればよいでしょう。

プライバシーポリシーについては、他のワードプレスのテーマだと、最初から入っていないことも多いので、その場合は、自分でプライバシーポリシーのテンプレートを検索し、紹介されているサイトの文章をコピペ(コピペしても大丈夫と言ってくれているサイトがほとんどだと思います)し、自分のブログの固定ページに貼り付けます。

そして、フッター(サイト下)やウィジェット(サイト右や記事下)に、「プライバシーポリシー」と書き、その固定ページのリンクを貼りましょう。


JINでは

一方、JINを使っている場合は、あらかじめプライバシーポリシーのページがあり、カスタマイズから、簡単にフッターに表示することができます。

以下は、JINでプライバシーポリシーを設定する方法です。

まず、ログイン後、ダッシュボード左の「固定ページ → 固定ページ一覧」を見ます。


固定ページ一覧には、最初から「プライバシーポリシー」や「免責事項」などがあり、文言もほとんど出来上がっています。

この文章から、自分で必要だと思う部分を残し、またアドセンスやアフィリエイトのASPの名前(もしもアフィリエイトやA8.netなど)を記入しましょう。

このサイトで言えば、パソコンなら左下に、スマホなら一番下に「プライバシーポリシー」と「免責事項」があるので、よかったら参考にしてみて下さい。

固定ページから、プライバシーポリシーや免責事項が書き終わったら、「更新」を押して、次のステップに移ります。

 

次は、サイトのトップページの上にある「カスタマイズ」を押します。

カスタマイズを押したら、左側にずらっと色々と設定項目が表示されるので、そこからフッター設定を選びます。

このフッター設定の「フッターの表示項目の選択」と「全て表示」にします。「全て表示」にすることで、画面下に、プライバシーポリシーや免責事項が表示されます。

そして、「フッターの項目【左】のリンクを変更」と、「フッターの項目【右】のリンクを変更」があるので、それぞれに、先ほどの固定ページ一覧で作成したプライバシーポリシーと免責事項のページのURLをコピペして貼り付けます。

固定ページ一覧から、「プライバシーポリシー」の「表示」を押せば、ページが開けるので、URLをコピーします。

コピーしたURLを、先ほどの「フッターの項目【左】のリンクを変更」に貼り付けます。

免責事項も同様に、固定ページから開き、URLをコピーして今度は右側に貼り付けましょう。

あとは、カスタマイズの設定項目の上にある「公開」を押せば完成です。

免責事項はそれほど絶対というわけではありませんが、念の為。プライバシーポリシーはアドセンス合格のためにも必要なので設定するようにしましょう。

以上、JINでプライバシーポリシーを設定する方法でした。

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。


おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

 

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 


おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。

バリューコマース 公式サイト

 


基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。



その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト