ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
雑学

同調圧力の英語

同調圧力の英語

日本ではよく「同調圧力どうちょうあつりょく」が強いという風に言われます。

同調圧力とは、多数派が、少数派に多数派と同じように行うことを半ば強要するように圧力をかける、といった意味合いです。

同調圧力をかける方法としては、様々な手法があり、ウィキペディアでは次のように紹介されています。

少数意見を有する者に対して物理的に危害を加える旨を通告するような明確な脅迫から、多数意見に逆らうことに恥の意識を持たせる、ネガティブ・キャンペーンを行って少数意見者が一部の変わり者であるとの印象操作をする、「一部の足並みの乱れが全体に迷惑をかける」と主張する、少数意見のデメリットを必要以上に誇張する、同調圧力をかけた集団から社会的排除を行うなどである。

出典 : 同調圧力|ウィキペディア

こういう意図的な同調圧力だけでなく、日本では、しばしば「空気を読め」と言われるように、全体と足並みを揃えるように、はっきりとは言わずとも個人に我慢を強いる、あるいは、各々が感じ取って忖度する、という傾向が見られます。

それでは、この同調圧力というのは、海外では存在するのでしょうか。

海外に住んだことがないので実際の空気感はわかりませんが、同調圧力を指す英語表現があるので海外にも存在するようです。

同調圧力は、英語で、peer pressureといいます。

peerとは、同僚や仲間集団のことを意味し、直訳すれば、「仲間からの圧力」となります(「じっと見る」という意味もあるので、そのニュアンスもあるのかもしれません)。

ピアープレッシャーとは、

周囲の人がしていると、自分もそうしなければいけないのかな?、と感じるプレッシャーのことです。

例えば、周りがタバコを吸う友達ばかりだと、なんとなく自分も吸ったほうがいいのかな…(*_*)とか。

仕事帰りには、同僚と一杯ビールラーメンやって帰るのが普通になっている会社にいると、自分もなんとなく付き合わなければいけないのかな…みたいな感じです。

出典 : peer pressureとは?

日本と、欧米の同調圧力(peer pressure)の違いとしては、日本のほうが、より目に見えない圧力があったり、自分から空気を読んだり、自己主張をしない、という傾向があるのかもしれません。

たとえば欧米では、同調圧力は、よりはっきりと見える形で行われ、また、その圧に対し、個人の側もはっきりと主張する、という傾向があるのではないでしょうか。

日本の同調圧力の一つ、「空気」を、評論家の山本七平氏は、「妖怪」と称しています。

これまで見てきたように、日本人の思考と行動は「空気」という見えない圧力によって支配されています。山本七平氏はそれを「妖怪」と呼びました。

日本のあらゆる集団に現れ、多くの意思決定を操作しながら、過去には戦争や企業の不正、学校でのいじめなどにも猛威を振るってきました。

出典 : 日本人論の名著『「空気」の研究』が教える 同調圧力に押し潰されない4つの方法

周りと歩調を合わせる協調性も大事ですが、逆に、自分の意思に反することを行なわされる同調圧力に抵抗することも重要かもしれません。

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。

おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 

おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。

バリューコマース 公式サイト

 

基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。

その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト