ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
生活

ウール、カシミヤ、シルクの毛布の暖かさ比較【天然素材】

ウール、カシミヤ、シルクの毛布の暖かさ比較【天然素材】

冬となったら手放せないのが、毛布です。

睡眠の環境と言えば、ベッドや照明、枕も大事ですが、布団も重要なアイテムの一つでしょう。

毛布のなかでも、暖かくて、肌触りもよく、優しい天然素材の毛布。一口に天然素材と言っても、色々な種類があります。

ウール、カシミヤ、シルク。天然素材の毛布のうち、一体どの毛布がいちばん暖かいのでしょうか。

それぞれの素材の特徴は、以下の通りです。

ウール

羊毛が原材料のウール素材の毛布は、冬は暖かく、夏は涼しく、一年を通して活躍の天然素材。

湿気を吸収したり、放出する機能に優れ、快適な状態を保つのが特徴です。

ホコリがつきにくく、汚れづらいなので、お手入れは、陰干しをして風を通す程度でOK。

洗濯機を使う場合は、洗濯ネットに入れ、ドライコースか、毛布コースで洗いましょう。

さてウール毛布の洗い方ですが、まず毛布をぐるぐる巻きにして大き目の洗濯ネットに入れます。毛布をタテに2つ、あるいは3つ折りにして、手巻き寿司のようにぐるぐる巻いていけばきれいに洗濯ネットに入るでしょう。

そしてドライコースまたは毛布洗いコースを選択して、中性洗剤(エマールやアクロンなど)を入れて洗濯機を回します。毛布が水に浸からずにぷかぷか浮いてしまうことがあるので、洗いが始まる前に手で水に浸かるよう押し込んでおきましょう。

出典 : ウール毛布はそもそも洗えるの?

洗濯も、天日干しではなく、風通しのよい陰干しを。濡れているあいだに、ブラシをかけてもよいでしょう。

カシミヤ

カシミヤとは、冬の寒さの厳しい環境下で育っているカシミヤヤギの毛です。

ちなみに、ウールとカシミヤの違いは、ウールが、広義では羊やアルパカ、アンゴラ、ラクダの毛(一般的には羊の毛)を意味するのに対し、カシミヤは、今触れたようにカシミヤヤギの毛と限定されています。

カシミヤと言えば、マフラーやセーターで聞くと思いますが、カシミヤ製の毛布もあります。

軽さがありながら、保温性は高く、薄くても暖かいというのが特徴の毛布。ちくちくしないのも魅力の一つです。

カシミヤ毛布の洗濯は、シーズン後に表示を確認した上でクリーニング店に出しましょう。

日頃のお手入れとしては、陰干しを行いましょう。

ウールよりも暖かく、肌触りもよい、おすすめのカシミヤ毛布ですが、欠点としてはデリケートな素材なので、その辺りは注意しましょう。

参考 : カシミヤ毛布の上手なお手入れ方法(干し方、洗濯方法)

シルク

天然素材の毛布では、シルクの毛布もあります。

シルク毛布の特徴としては、見た目の光沢や高級感に加え、肌にももっとも優しい素材で、保温性もあり、静電気も帯づらいので、寝心地のよい寝具と言えるでしょう。

ただし、デメリットとしては、薄くて軽いことから、暖かさという点で若干劣ります。

シルク毛布のお手入れは、基本的にはクリニーング店に出すのがよいでしょう。

自宅で洗濯する場合は、以下の方法を参考にしましょう。

【 シルク毛布の手洗い方法 】

① 中性洗剤で優しく手洗いし、少量の柔軟剤につけ置きする

② 軽く脱水し、まだ少し湿っている状態でざっとブラッシングする

③ 形を整え、風通しの良いところで陰干しする

出典 : シルク毛布のお手入れ方法について

ただ、毛並みの風合いを守りたい場合は、陰干しだけでも十分でしょう。

毛布は布団の上か下か

ウール、カシミヤ、シルクと、それぞれの毛布の良さや特徴、デメリットがありますが、とにかく暖かい毛布がほしいという場合におすすめなのは、カシミヤの毛布でしょう。

ちなみに、毛布を、布団の上と下のどちらに載せているでしょうか。

結構、この布団の上派と下派は分かれ、毛布の暖かさを直接感じるなら、布団の下に毛布をいれると思います。

一方で、布団の上に毛布、というひとも少なくはありません。

毛布を布団の上にかける、というのは、どうやら1980年代後半頃から羽毛布団が普及し、羽毛布団は直接肌に触れるほうがよく、毛布を上に、という宣伝があったからではないか、と考えられています。

それでは、実際、毛布は布団の上と下、どちらのほうがよいのでしょうか。

肌に優しく、寝心地抜群の天然素材の毛布は、肌に直接触れるようにして、布団の下にかけるのがおすすめです。

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。

おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 

おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。

バリューコマース 公式サイト

 

基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。

その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト