ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
気になったこと、面白かったこと

フェイスブック仮想通貨「リブラ」の意味や語源、由来は?

フェイスブック仮想通貨「リブラ」の発行時期や由来は

facebook

リブラはいつから使える?

以前から報道されていた通り、フェイスブックは仮想通貨(暗号資産)サービスを開始するようです。

仮想通貨の名称は「リブラ」。

リブラは、スイスのジュネーブに設立された発行団体「リブラ協会」が管理、運営を行い、創立メンバーには、フェイスブックの子会社以外に、スポティファイやペイパル、ウーバーなど27の企業が参加。

リブラは一体いつから使えるようになるのでしょうか。また日本でも使えるのでしょうか。

フェイスブックはリブラ発行の時期として2020年を目指し、開始時には、企業数も100以上にする考えで、日本からの参加も見込まれているようです。

ただし、日本で使えるのは、まだ先になるかもしれません。

ウォール・ストリートジャーナルの報道によれば、発行は来年予定であるものの、「地域によって異なる」とされ、まずは数カ所のみで入手可能になるのではないか、とあります。

語源、由来は?

フェイスブックが立ち上げる仮想通貨サービス「リブラ(Libra)」、この言葉には、一体どういう意味や由来があるのでしょうか。

リブラとは、実は古代ローマの質量や通貨の単位で、もともとラテン語の天秤を意味します。

フランスの旧通貨リーヴルやイタリアの旧通貨リラ、またイギリスのポンドなども語源的には「リブラ」があります。

フェイスブックは、この「リブラ」を仮想通貨の名称として使用することに決めました。

なぜ古代ローマの「リブラ」なのでしょうか。

これは以前どこかで読んだのですが、フェイスクブックのマークザッカーバーグ氏は、古代ローマのような世界をつくりたいと思っている、という話を聞いたことがあります。

ローマ帝国は、「多民族、人種、宗教を内包しつつも大きな領域を統治する国家」。ネット空間を通じ、ザッカーバーグは、まさにそういう独自世界を立ち上げたいと考えているのかもしれません。

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。

おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 

おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。

バリューコマース 公式サイト

 

基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。

その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト