ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
健忘録

60歳以上、定年退職後の単身赴任(東京上京)で住みやすい街のポイント

60歳以上、定年退職後の単身赴任(東京上京)の注意点や住みやすい街のポイント

定年退職後の再就職や、転職など、様々な事情で60歳以上の単身赴任者が増加しています。

60歳以上のシニア世代の単身赴任の数は、2012年段階で10年前と比較して倍増しています。

増加の理由としては、公的年金の支給年齢引き上げや、労働意欲が高いことなどが挙げられるようです。

海外の単身赴任もあるでしょうし、東京に上京するということもあるでしょう。

場合によっては、初めての一人暮らし、初めての東京生活、ということもあるかもしれません。

若い頃と違い、60歳以上となると体力的にも厳しく、また長年の染み付いた生活の価値観やリズムもあり、地方から東京上京の際は特に、ある程度の心構えが重要になります。

そこで、60歳以上で単身赴任をしたり、東京に上京するに当たって注意したいポイントや、住みやすい街選びのコツ、またおすすめの不動産会社を紹介したいと思います。

2018年 オリコン顧客満足度調査 プロバイダ 関東1位 工事不要ですぐ使える 選べる端末どれでも無料のお得なキャンペーン実施中!【サポート充実のSo-net モバイル WiMAX 2+】

①満員電車は相当負担

地方に住んでいると経験しないことの一つが「満員電車」です。

なんとかなるだろう、と思いがちですが、一度や二度ならいざ知らず、毎朝、毎晩となると精神的にも肉体的にも着実に疲労が溜まっていきます。

ときおり人身事故もあり、ごった返しで殺気立ったホームや駅舎内の空気は、地方では到底味わうことがありません。

満員電車の場合、痴漢の冤罪のリスクもあります。

満員電車の負担は、軽視しないこと。数年の東京生活を想定していても、あっという間に心身の疲労が蓄積し、体を崩しかねません。

住む街を選ぶ際は、なるべく会社に近く、電車を使わないでも行ける場所を選びましょう。

徒歩20分くらいなら、むしろ運動になっていいかもしれません。自転車が乗れるようなら自転車通勤も視野に入れましょう。

②健康管理

なぜ東京の人たちはあんなにジムに通ったり、ランニングをしているんだろう、と不思議に思うことがあるかもしれません。

田舎では、あまり見ない光景です。

しかし、東京は先述の満員電車以外にも様々な刺激があり、単純に人混みを見ているだけでもストレスになります。

そのストレスに負けない体づくり、健康管理が求められますし、ゆったりとした静かな時間も意識的にとる必要もあります。

散歩の習慣や、仕事帰りにジムやヨガなどに通うのもよいでしょう。

また街選びでは、静かに過ごせる公園のある場所など、ぼんやりした時間の流れる空間の確保も重要です。

初めての一人暮らしだと、食事もつくる習慣がなく、コンビニ弁当とビールといった毎日を過ごしてしまうかもしれません。

脅かすわけではありませんが、「満員電車(含め都会のストレス)」と「食生活の乱れ」で一気に体調や精神を崩します。

ストレスや疲労がたまればたまるほど、生活習慣がますます乱れ、さらに調子を崩す、という悪循環にはまり込んでしまいます。

そして、ストレス発散のための悪い習慣(アルコールや喫煙、過食)が増えます。

対策としては、自炊するなら簡単で軸となるメニューを決めましょう。おすすめは、「一汁一菜」です。

良質な味噌を用意して、あとは適当に野菜をいれる。

素材さえしっかりとしたものを選べば、色々と深く考えずにひとまず一汁一菜にする。

面倒なときは、この一択。特に一人暮らしの生活に慣れるまでは、食事のことを考えるストレスを取り除きつつ、食生活の乱れない「軸」を用意するようにしましょう。

また、住む街には、ちゃんと健康に気遣ったお弁当が買える場所もあるとよいかもしれません。

運動の習慣も、まずは散歩など小さなものでいいので取り入れるようにしましょう。

③男性でも治安は重要

なんとなく男性だと治安は軽視してしまうかもしれませんが、住みやすい街の条件として優先順位の高い項目に治安はいれるようにしましょう。

また、街によっては一階は避けたほうがいいかもしれません。

治安の状況は、ネットで住んでいるひとの意見を探す他に、実際に行ってみた際に夜道を歩いてみるのがよいでしょう。

コンビニやマンションのゴミ置場が荒れていないか、駅前の雰囲気などをチェックしてみるのがおすすめです。

④おすすめの不動産

街選びでは、不動産会社も重要です。

でも、田舎から出てきた60歳過ぎたシニア世代のお客さんには、会社によっては結構冷たい対応をすることもあるかもしれません。

よく東京のひとは冷たい、と言いますが、これまで説明したように東京はストレス過多の空間ですし、結局のところ忙しさのために、「こちらはあなたに関わっている余裕はない」といった態度をとられることはあります。

もちろん、熱心に要望を聞いて一緒に考えてくれる不動産会社もあります。

大手の不動産か、街の小さな不動産か、悩むところだと思います。

実際に60歳以上で単身赴任が決まり、東京に上京するに当たっていくつかの不動産会社をまわった方に話を伺ったところ、冷たい不動産会社も多かったものの、「タウンハウジング」はとてもよかったと言っていました。

対応してくれた若い社員さんにもよるでしょうが、おすすめの会社の一つとして挙げたいと思います。

また、若者向けの不動産会社として話題のOTOGI不動産も、実際に利用して家を決めた知人がおすすめしていました。

以下は、OTOGI不動産の公式サイトに掲載されているモットーです。

1 丁寧に、仕事をし強引な営業はしません。お客様が納得するまでお付き合いします。 2 家賃2万円の風呂なしアパートから1億3000万円の一軒家まで。初めての1人暮らしから家族連れまで。エリアの制限は御座いません。 3 相談は出張可能。お部屋案内も現地集合・現地解散可能。お時間もお客様のご都合に最大限合わせます。 4 お部屋案内は駅からお部屋までの距離、街の雰囲気を確かめていただくために徒歩での案内を推奨しております。※已むを得ない事情でお車でのご案内を希望される場合は事前にご予約ください。 5 お客様は芸人・ミュージシャン・モデル・学生・編集者・ニートetc。スタッフは経験豊富なので審査や初期費用の不安など遠慮なく本音でご希望をお伝えください。

もしよかったら参考にしてみて下さい。

以上、定年後のセカンドキャリアとして単身赴任で東京上京を考えているシニア世代の方の注意点や住みやすい街のポイントでした。

ネット回線がまだなら 2018年 オリコン顧客満足度調査 プロバイダ 関東1位 工事不要ですぐ使える 選べる端末どれでも無料のお得なキャンペーン実施中!【サポート充実のSo-net モバイル WiMAX 2+】

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。

おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

 

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 

おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。

バリューコマース 公式サイト

 

基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。

その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト