ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
Google

iPhoneだとできない? Google画像検索の方法

類似写真を探すGoogleの画像検索の方法

この写真やイラストと類似しているものをネット上で探したい、と思うとき、皆さんはどんな風に検索しているでしょうか。

その際は、たとえば写真やイラストの特徴を文字に書き出して、キーワードでGoogle検索するのも一つの方法だと思います。

また、自分の作成したイラストや撮影した写真などの「著作物」がネット上で誰かに無断転載されていないか調べる際、どういった方法で探しているでしょうか。

この場合は、必ずしもその写真が思っているような場面で使用されていない可能性もあるので、キーワードでGoogle検索では探すのは難しいかもしれません。

こうしたときに便利なのが、写真やイラストなどの画像をもとに検索ができるGoogleの「画像検索」機能です。

この記事では、パソコンやiPhoneで行う、Googleの画像検索の方法を解説したいと思います。

パソコンで行うGoogleの画像検索の方法

なぜか、パソコンでGoogleのトップ画面を開くと、画像検索ができるアイコンが表示されません。

その場合は、こちら(Google画像検索)を開きましょう。

すると、普段よく見るGoogle検索のキーワードを入れる検索ボックスの横に、カメラのアイコンがあると思うので、このアイコンをクリックします。

カメラアイコンをクリックすると、「画像のURLを貼り付け」と「画像のアップロード」が表示されます。

①「画像のURLを貼り付け」

これは、自分のサイト含め、ネット上に挙がっている画像をもとに検索する場合に使用します。

Googleの画像検索を画像の「URL」で行うときは、この検索ボックスに、検索したい画像(イラストや写真)のURLを入力し、検索ボタンをクリックします。

画像のURLを調べる方法は簡単です。検索したい画像を右クリックするとアドレスがコピーできます。

あとは、画像アドレスをコピーし、検索ボックスに貼り付け、検索ボタンをクリックしましょう。

同じ画像が見つかれば同じ画像や、またこうして類似の画像もたくさん出てきます。

どれくらい正しい情報かは分かりませんが上の「ライセンス」という項目から「再利用が許可されている画像か否か」も選択して探せるようになっています。

②「画像のアップロード」

こちらは、保存しているデータをアップロードして検索する方法です。

Googleの画像検索の「画像のアップロード」を選び、パソコンに入っている画像をドラッグ&ドロップします(動画参照)。

先ほどと同じように、全く一緒の画像から、あるいはよく似た類似画像まで検索が可能です。

以上が、パソコンで行うGoogle画像検索の方法でした。

次にiPhoneで行うGoogleの画像検索の方法を解説したいと思います。

iPhoneではできない? Googleの画像検索をする方法とは

iPhoneでパソコンと同様、グーグル画像検索を開くと、あれ? カメラアイコンが表示されません。

iPhoneからでは画像検索はできないのでしょうか?

実は、別の方法で、iPhoneでもGoogleの画像検索を使用することは可能です。

パソコンと同じように、画像のURLを貼り付けて検索することも、スマホに入っている写真やイラストなど画像をアップロードして検索することもできます。

iPhoneの場合、画像のURLは、ネット上に挙がっている画像を長押しし、「コピー」を押しましょう。

どうやらiPhoneでGoogleの画像検索を行う際は、なぜか「(スマホの)Safariではできない」ようです。

そのため、iPhoneでGoogleの画像検索を行うときは、「デスクトップ画面で開く」という手順を踏む必要があります。

iPhoneのSafariでネットを開くと、通常、スマホ用の画面になっています。

これをデスクトップ(パソコン)用の画面に変更することで、Googleの画像検索が行えるようになります。

Google画像検索

iPhoneの画面下真ん中のアイコン(ブックマークアイコンの左隣)をタップし、表示される項目の下の列を探すと、「デスクトップ用サイトを表示」という項目があるのでタップしましょう。

あとはパソコンと同じように、写真アイコンをタップし、どちらかを選びましょう。

これでiPhoneでもGoogleの画像検索を行うことができます。

まとめ

このGoogleの画像検索の精度ですが、果たしてどれくらい高いのでしょうか。

体感的には、この一、二年でその精度はぐんぐんと上昇しているような気がします。

今までは、画像なら検索から逃げられたので、ある意味で隠れ家になっていたかもしれませんが、今後は徐々にその精度も高まっていくことでしょう。

メリットとしては、無断転載など著作権トラブルにおいて有効に活用されるようになるでしょうし、アイディアを探すためにも活用できるかもしれません。

一方のデメリットとしては、SNSなどのメインアカウントと裏垢と両方で載せた写真をきっかけにバレる、というリスクも出てくるかもしれません。

画像をネット上にアップロードする際は、著作権やプライバシーの管理にいっそうの注意が必要になるでしょう。

以上、Googleの画像検索の方法でした。

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。

おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 

おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。

バリューコマース 公式サイト

 

基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。

その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト