ワードプレステーマ「JIN」の設定方法
使い方 解説blog
ASPアフィリエイト

ブログを複数持つメリットとデメリット【アフィリエイト・ノート】

ブログを複数持つことのメリット

ブログでアフィリエイトを行う際のコツを本やツイッターなどで学んだ健忘録として残しています。

今回は「ブログを複数持つ」ということのメリットとデメリットについてです。

先日、ひつじさんが、ブログを複数持つことに関する、次のようなツイートをしていました。

ひとつのブログだけだと、万が一ブログのデータが消えてしまったり、グーグルの何かしらの逆鱗に触れてしまってペナルティを食らうと、それだけでダメージが甚大です。

そういった点からも、リスクは分散させたほうがいいというのは確かでしょう。

なので、リスクヘッジの点からも、ブログは得意なテーマに分けて、複数つくったほうがいいんです。

それに複数のブログをつくることで、書きたいことの統一感を持たせることもできます。一つのブログに集約させると、あれもこれも書きたくなって結局ごっちゃになってしまいますからね。

デメリットは?

一方で、デメリットもあります。

これがひつじさんの指摘する点です。

ブログはドメイン(URL)のパワー、言い換えれば信頼度が大事です。

その信頼度によって検索順位も上位にきやすくなります。ひつじさん曰く、ドメインパワーは以下によって高めることができます。

 

  1. 運営歴が3ヶ月以上
  2. アクセス数を集める
  3. 良質な被リンクを集める

 

こうした点以外にも、記事の数や文章の質なども重要になってくるでしょう。

一つのブログを育てるためには、力をそこに注がなければいけません。

しかし、ブログを複数つくることによってリスクを分散させる代わりに力まで分散させて、結局どのブログも力を持っていない、という場合も結構多いんですね。

たぶん人ぞれぞれ向き不向きってあるんだと思います。

色々なことを同時に並行して行うのが得意なひともいれば、一つのことに短期的に集中して、次に行く、というのが得意なひともいる。

ブログをつくるに当たっては、そういう自分の特徴も見極めたほうがいいかもしれません。

以上、ブログを複数つくることのメリットとデメリットでした。

ABOUT ME
めたもん
めたもん
2015年頃からワードプレスでブログを書いています。最近「JIN」を使い始めました。不器用にもがきながら模索中、ワードプレスのこと、JINの設定方法、また過去に脚本家を目指して教室に通っていたこともあるので文章についても書いていきたいと思います。

アフィリエイトにおすすめのASP

ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。

ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。

どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。

おすすめ1、A8.net

言わずと知れたASPの大手。満足度ランキング7年連続1位とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。

ひとまず「ここ」というASP。健康や美容関連にも強いです。

A8.net 公式サイト

 

おすすめ2、もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。

もしもアフィリエイト 公式サイト

 

おすすめ3、バリューコマース

バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。

バリューコマース 公式サイト

 

基本的には、この三つのASPを活用しています。

アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。

どれも登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。

その他、afb(アフィb)も有名どころで評価の高いASPです。

その他サービス

クラウドワークス

在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。

CrowdWorks(クラウドワークス) 公式サイト

ココナラ

自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。

無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

ココナラ 公式サイト